スタッフブログ
blog

土用の丑の日

土用の丑の日
土用の丑の日

《土用の丑の日》
・うなぎちらし
・すまし汁(花麩、若布)
・けんちん煮
・いんげんのくるみ和え
 
7/28(水)は土用に丑の日だったので、お夕食にうなぎちらしがでました。
うなぎを食べ元気モリモリになったかな?暑さに負けず元気に過ごせますように。
 
 鰻(うなぎ)を食べるのはなぜ?
夏の土用には「う」のつく食べ物を食べる習慣があります。その代表格が「うなぎ」です。
夏の「土用の丑の日」は、ちょうど暑さが一年の中でもっとも厳しく、夏バテになったり食欲不振となったり、体が疲れやすくなる時期。そしてうなぎは栄養価が高く、夏の暑さを乗り切るためのスタミナ補充にもピッタリ。そのため、江戸時代頃からうなぎを食べるならわしが定着していきたと言われています

PCサイトへ